神奈川で利用する永代供養墓

お墓は、家族みんなで守っていくものではありますが、後継者がいないという家庭になればお墓の手入れをしてもらえる人がいなくなることになります。
そんな家庭であっても、寺院や霊園でお世話をしてもらえるのが永代供養墓です。


神奈川県にも永代供養墓を用意している寺院や霊園はたくさんあるのですが、それぞれにシステムに違いがあるということもあります。



後からトラブルが発生すればお骨の移動など何かと面倒な手続きも必要になってくるので、事前にしっかりとシステムを理解し、神奈川県内にあるたくさんの霊園の中から選んでみるといいでしょう。

永代供養墓となっているものであっても、ずっとその場所が利用できるというわけではなく期限がついていることもあります。期間はそれぞれの施設ごとに違いがありますが、一般的には三十三回忌までというのが多いものです。

話題の最新ガジェット通信に関してはこちらのサイトをご覧ください。

また、三十三回忌以外にも十七回忌や五十回忌など選ぶことができる施設もあります。


その期限が過ぎてしまえば、合同供養墓に入れられることになるので不安に感じることはありません。
また、埋葬の方法にも種類があり、それによって費用も違ってきます。
個別の単独墓の他にも、一つのシンボルとなる墓石の下に一人ずつ個別に埋葬する方法、全ての人の遺骨を一つにまとめて埋葬される方法などがあります。



神奈川県内の墓地では、どれか一つだけの設備しか用意されていないということもあるので、まずはどのタイプにするのかという点から絞り込みをかけてみるといいでしょう。