神奈川にも永代供養墓があります

最近は神奈川でも家族環境が大きく変化してきて、少子化や離婚などに伴って従来のお墓の維持と継承が困難なケースが増えてきています。



俗に言われている、後継ぎがいないお墓が神奈川でも増えてきました。


昔は菩提寺の境内に一族や縁者のお墓がありさらに常日頃から寺や住職と交流があった時には、その菩提寺に永代供養を頼んだりあるいは一族の人たちでそのお墓を守っていくことが普通でした。しかし現代ではお墓は菩提寺を離れて霊園などにある場合が多く、菩提寺の墓地自体が霊園的な管理になっていたり、都会生活が長く郷里の縁者とも薄い関係になっていてお墓だけを郷里に求めることは、いまさらと言って避けてしまうことが、神奈川でも珍しいことではなくなっています。


後継ぎがいないお墓はいろいろと考えられますが、一つには子供が女性ばかりで結婚して姓が変わってしまい家を継がないことが挙げられます。

お墓の後を継ぐ人がいないと分かった時点で、永代供養のお墓を求める人も多くいます。

どんな人にもT-SITEに関する情報に追加しています。

神奈川にある寺院や霊園には多くの永代供養墓が建立されています。


このお墓の購入は生前でも認められていて、お墓の後を継ぐ人がいない人が生前から購入しています。

このお墓の特徴は永代供養料を払えばお墓の管理や供養を、お墓の管理者であるお寺や霊園が行ってくれるということにあります。自分がなくなった後に、嫁いでしまった娘に迷惑をかけたくないといった理由で購入する人が多くなっています。