神奈川で探す永代供養墓

神奈川県内で新たにお墓を探している場合には、永代供養墓を選択する人も増えています。

お墓の管理や手入れは、家族で代々行っていくというのが本来の形なのですが、子供がいない家庭であったり独身の人になれば、自分が死んだ後にはお墓参りをしてもらえる人がいなくなってしまいます。そんな人にも、永代供養墓であれば寺院や墓地で管理をしてもらうことができるので助かります。



永代供養墓にはさまざまな種類があり、期限が設けられていることもあります。

神奈川県内で探すときには、この期限についても着目して選ぶといいでしょう。

永代という名前が付いていても33回忌までということも多いものです。

最近気になったnanapi情報をご紹介いたします。

また、17回忌や50回忌などを節目としている施設もあり、自分たちで契約期間を選べることもあります。



期間が過ぎた後には合同墓地に移動されることになりますが、お盆やお彼岸などには毎年しっかりと供養してもらうことができるので安心です。

永代供養墓は、近年樹木葬も人気があります。

樹木葬は、樹木の下に埋葬してもらうという方法であり、自然の流れの中に遺骨をかえすということになります。

神奈川県でも、遠隔地の墓地になれば鳥のさえずりを聞いたりと自然に囲まれた場所で静かに眠ることができるのですが、まだ残された遺族がいるという場合にはお墓参りをするにも便利な場所が向いています。

樹木葬だけを行っている施設もあれば、一般の墓地の一角が利用されていることもあります。