神奈川県で探す永代供養墓

神奈川県内の霊園や墓地、寺院では、永代供養墓として用意されていることもあります。



お墓は、家族や親戚で守っていくことになるのですが、後継者がいないという場合には最後の親族が亡くなった後には供養をする人がいなくなってしまいます。しかし、寺院や施設の人に管理や供養を頼むことができる永代供養墓であれば、これから先もずっと安心です。永代供養墓は神奈川県にも多くありますが、それぞれにシステムが違っていることもあるのでしっかりと聞いて理解しておく必要があります。

永代供養と言っても期限が付いていることが大半であり、一般的には故人の三十三回忌までとなっています。

他にも、十七回忌や五十回忌などの節目をタイミングとしていることがあったり、希望に合わせて年数の調整をすることができる施設もあります。できれば先祖の供養は自分たちの手で行いたいものであり、今後の残された人の年齢も考えながら期間を選ぶといいでしょう。
永代供養墓では、決められた期間や契約をした期間が終わってしまえば、遺骨はどうされるのか不安に感じる人もいるのではないでしょうか。

最近話題の@niftyニュースサイトが一番おすすめです。

身内だけで入っていたお墓でも、期間が終了すれば合同供養墓に入れられることになるので安心です。

合同供養墓では、春と秋の彼岸や夏のお盆などには僧侶による読経などしっかりと供養をしてもらうこともできます。



近年では、神奈川県でも樹木の下に埋葬する樹木葬という永代供養墓も用意されています。