交通事故の慰謝料の請求について

###Site Name###

交通事故の被害に遭った場合には財産的な損害を賠償する賠償金の他にも、精神的な損害による慰謝料を請求することが出来ます。

精神的な損害は個人によって度合いが異なりますので金額算出に関してはいくつかの基準が設けられております。


自賠責基準の算出方法は、入院日数と通院日数を足した日数を2倍した日数か治療期間のどちらか短い日数に日額4,200円をかけた金額となります。


任意保険基準は保険会社の定めた基準によって金額が決められます。


自賠責基準は保険会社から支払われる金額の総額が120万円を超えない場合にのみ適用されますので、120万円を超えた場合はこの任意保険基準が採用されます。

ブログに関しての情報が閲覧できます。

弁護士基準による算出額は任意保険基準よりも高額です。

そのため交通事故の被害に遭った場合は、弁護士基準によって慰謝料を請求することが大切です。

しかし保険会社は出来る限り支払う慰謝料を抑えたい思っていますので、一般人が交渉してもなかなか受け入れてもらえません。

そのような場合は交通事故の紛争を解決を手助けしてくれる機関を利用したり、弁護士に依頼するようにします。

弁護士に依頼するには通常の場合でしたら着手金が必要ですが、交通事故の慰謝料請求の案件は着手金無しで受託してもらえる場合もあります。

なぜならば紛争が解決した場合まず弁護士事務所に慰謝料が振り込まれます。



そこから弁護士報酬を差し引いた残りの金額を依頼者に渡しますので、報酬を受け取り損ねるといったリスクが無いため、弁護士も安心して依頼を受けることが出来るためです。

あなたのご要望に応える交通事故の慰謝料情報を調べられるこのサイトはオススメです。